スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 2011/06/28/Tue 00:16:35
  • COMMENT:6
  • CATEGORY:写真

足利市立美術館ワークショップ

足利市立美術館主催のワークショップ「足利の古い時間を歩くⅡ」に参加した。
先日撮った足利路地裏風景に、それぞれの時間と風景を重ねた多重露光写真の講評会

カメラも違えば2回目の撮影場所や時間も違う。
それぞれの好みが反映した写真は、見ているだけでも面白くて興味津々。
その場で撮影者本人の狙ったキモチを聞いて、さらに足美の学芸員で写真家でもある
篠原さんの選択眼と思いもよらぬ講評に、一気にテンションは上がりまくり。
その一瞬は自分もアーティストになったような錯覚に陥る。

00833.jpg


時間を重ねることで1枚の写真が一気にアート作品へ変わる。
予想ができない偶然の産物の出来栄えに「またやりたい!」という声も続出。
すでに2回目の挑戦している人も何人かいたし、すっかりフィルムカメラに
目覚めてしまった人もちらほら…






00832.jpg




美術館でのワークショップで、オトナが参加して楽しめるようなものは少ない気がする。
まして地方で写真のワークショップなんてほとんど無い中、足美の「教育普及プログラム」は
とても充実している。
昨年から参加しているこのワークショップで、確実に写真の面白さのすそ野を広げてもらった。
同時に撮影場所でもある足利の街の魅力も少しずつわかってきた。


次回はライティングを勉強して彫像を撮る、そんなワークショップなんて他には絶対無い。
まだまだ私の足利詣では当分続きそう…

スポンサーサイト
  • 2011/06/22/Wed 22:10:50
  • COMMENT:5
  • CATEGORY:写真

散歩

雨が降ったりやんだりの梅雨の晴れ間…

00820.jpg






額紫陽花も咲きだして

00828.jpg




ゆったりした気持ちになれる土曜日の昼下がり

00815.jpg




フィルムカメラとお散歩。


  • 2011/05/27/Fri 18:56:59
  • COMMENT:10
  • CATEGORY:写真

初めてのフィルムカメラ(恥を忍んでお見せします)

写真のワークショップで初めてフィルム一眼に挑戦。

「家にあるフィルムカメラなら何でもいい」と言われたので
夫が昔使っていてずーっとほっぽり出してあったMINOLTA X-500というカメラを持ち出す。




00792.jpg


今回のワークショップは「多重露光に挑戦」

へっ?多重露光って?
ところでこのカメラ、ピントはどうやって合わせんの?

なーんにもわからなくても、気持ちだけはヤル気満々。
チャレンジャーな私。

一緒に参加したお仲間にその場でレクチャーを受け撮影に挑む。




00788.jpg



どんな写真ができるのかなぁ…
初めての体験はもうワクワクドキドキの連続。

しかも被写体は足利の路地裏だし、その上雨まで降りだしてきていい雰囲気。
もしかして傑作が撮れちゃったらどうしよう…と妄想はどんどんひとり歩き。



…そうして今日出来上がってきた写真。

ん?自分の思い描いていたのとはほど遠い…
多重露光のコマ、ずれてるし…
多重露光なのにフツーにしか撮れてなかったり…
真っ黒だったり、真っ白だったり…


00789.jpg


結果は…まぁおいといて。
いいのいいの、気にしない。

だって、今まで知らなかった写真の奥深さ、面白さがちょっとだけわかったから。
まだまだ入口に立ってたんだなぁって思った。

まだ入口だから、フィルムカメラのここがいいとかは語れないけど、
出来上がった写真を手にするまでのその過程が楽しいね。

デジタルは撮ってすぐ見えるっていうそのスピード感が利点でもあるけれど、
最近の私はそれに振り回され気味だった。

今回のフィルムカメラで多重露光は、自分のイメージに近づけるために
ゆっくりじっくり考えながらシャッターを押していた(結果はともあれ(^_^;)
そんな風にカメラや写真と向き合う時間が楽しかったなー。



あいかわらず良いシゲキをいただける足利市立美術館のワークショップ。
VIVA!足美!
もちろん多重露光リベンジしますヨ~


  • 2011/01/29/Sat 09:44:12
  • COMMENT:8
  • CATEGORY:写真

インドア派

昨年1月、地デジに替えてから私はすっかりテレビっ子になってしまった。

中でもNHKの視聴率がめちゃくちゃ高くて、
毎日朝のニュースから始まって7時と845と9時のニュースは定番。
「ゲゲゲ」の流れでそのまんま「てっぱん」も見てるし、
鶴瓶の「家族に乾杯」とか太陽君の「キッチンが走る」も地方色があって面白い。

木曜日は「ブラタモリ」と「祝女」で、金曜日は大好きな「世界街歩き」
もちろん「大河ドラマ」も今のところとりあえず見ている。

もう終わっちゃったけど「セカンドバージン」はNHKらしからぬシーン満載のドラマで
ドキドキしながら毎週楽しみにしていたし、「龍馬伝」の臨場感あふれるカメラワークもすごく良かった。


 00525.jpg




そして昨年BSで見た「男前列伝」で強烈な印象を残してくれたのが
青森県の写真家「小島一郎」。

津軽や下北を撮ったモノクロの風景写真に魅せられ、画面に釘付けになった。
彼の現像による独特の作品作りは番組の副題になっていた「ダレモマネデキナイコト」

小島一郎の写真は吹雪の中をただひたすら歩く女性だったり、
畑で作業をする人々だったりと、特別なものではなく平凡な農村の風景。
それを「ダレモマネデキナイ」独特の表現力で小島色に作りあげる。

それまで現像とか焼付けのことなど知らなかった私は
「写真には目には見えないたくさんの情景が写り込んでいる」ということを
この番組の中で初めて知った。

写真があふれる今「コレガワタシ」と言える写真をどれだけ撮れるか、
今年の課題だなぁ…



  • 2011/01/19/Wed 00:20:40
  • COMMENT:4
  • CATEGORY:写真

新年会だったのね。

日曜日に足利遠征。
ワークショップ以来、とても身近になった(ような気がする)足利。

今日は楽しい仲間たちとの再会!

00513.jpg





おすすめイタリアンを堪能した後はワイナリーの工場見学。

00517.jpg


もうすぐ剪定が始まるぶどう畑の波にうっとり…
最近茶系の錆びついた色合いに妙に惹かれるようになっっちゃって。
今年の私は渋好みです。

00515.jpg




カメラつながりの新年会は、もちろん真面目に写真の話もし、
もちろん忘れず美味しいものの情報交換をし、
はたまた恋話や身の上相談まで飽きることなくおしゃべりは続き…

楽しくて、笑いすぎてあっという間に時間が過ぎて…
2011年、なんだか楽しみがふえそうな予感。


00514.jpg


さぁ次回はお蕎麦と観梅ですかねぇ。。。
  • 2010/11/29/Mon 12:54:15
  • COMMENT:8
  • CATEGORY:写真

カメラ片手に~最終回

先々週の土日はワークショップの最終回でした。
土曜日は中野愛子先生ご指導のもと、秋のばん阿寺で出会った人たちを
撮影させていただくポートレートの練習。

00446.jpg

写真を撮らせてもらうために、まずは相手とのコミュニケーション。
さりげなく話しかけたり、「ワークショップの課題で…」とストレートに言って
撮らせてもらったり、その人なりのアプローチの仕方で撮影。

先に声をかけると相手の方も意識しちゃってなかなか難しいけど
「シャッターを切って相手がふっと息を抜いた次の瞬間を狙う」のが
自然な表情をおさめるプロのワザだとか…



そして翌日、日曜日…

最終日は「足利結界探訪-長尾七弁天めぐり」と題して、
地元足利で巌華園という旅館を営む中島太郎さんによる
「足利の怨霊伝説」にまつわるお話を聞きながらの神社巡り。

00459.jpg


足利の歴史や民話にめっぽう詳しい中島さんのお話も興味深く、
立ち寄った神社の紅葉も今が盛りで素晴らしかった…
紅葉のお寺として来年もぜひ訪ねたいと思いました。

00457.jpg


イノシシも出没するという住宅街をぶらぶら歩き
顔馴染みになった人たちとの会話を楽しみながらの撮影散歩。

00460.jpg

今回のワークショップを通して、企画の思惑通りまんまと
足利の人と町に魅了されてしまいました。


00441.jpg

↑ワークショップを企画した足利市立美術館の学芸員のSさん
写真家でもあるSさんには、写真以外のタメになるお話も(グルメ情報が多かったけど)
たくさん教えていただき、その人間的魅力にも引込まれました。
(今度はぜひ一升瓶を傍らに)もっともっとお話を聞かせてください。
続編を期待します!
  • 2010/11/27/Sat 12:46:35
  • COMMENT:10
  • CATEGORY:写真

水のカタチ


00443.jpg



00442.jpg

「自然てやっぱり、偉大だわぁ…」と思っちゃう瞬間

  • 2010/11/19/Fri 01:07:00
  • COMMENT:4
  • CATEGORY:写真

カメラ片手に~2回目

先週のワークショップは二人一組のペアになって、相手のお気に入りの場所で
その人を撮ってあげる、題して『風景の中のポートレート-撮られる私、撮る私』

くじ引きでそのペアを決めたんだけど、私のお相手は…
なんと本日の講師の後藤先生でした!
もう、思いっきり、ビビりましたよ~~
撮ってもらえるのは嬉しいけど、私は先生をどう撮ればいいんでしょうか~
(ちくわ持ってくれば良かった^^)


まっとりあえず、いつものばん阿寺界隈で「お気に入りの場所」探し

お~~、撮ってる、撮ってる!
00433.jpg


私も、お気に入りの場所を求めて撮りまくります
00432.jpg


ばん阿寺界隈の石畳は雰囲気があってなかなかいいんです

00434.jpg


先生に言われたように「脳で考えずに」どんどん撮ってみる。
何も考えず無意識のうちに切りとられた風景なのに、
そこには不思議と自分の撮りたかったモノがしっかりと映しだされている。

00435.jpg


後藤先生自身、初の試みという今回の企画。
撮り合うことでお互いがぐっと近づけて、終わった後は
もうみんな旧知の仲のようにワイワイ楽しく語りあって…

もう一回やってみたらまた違った目線でおもしろいもんが撮れそうな気がするなぁ。


そして、充実したワークショップのしめは、足利美味い処にて打ち上げ。
レトロな店内にさりげなく飾ってあるアートの数々。
恐るべし鰻屋さんで、楽しく美味しい一日を終えました。

00436.jpg


今週は土日とワークショップが続きます。
土曜日の講師は中野愛子さん、またまた楽しみ~
  • 2010/11/07/Sun 12:08:08
  • COMMENT:2
  • CATEGORY:写真

カメラ片手に足利へ

写真のワークショップに誘われて足利市立美術館へ行ってきた。

1回目のテーマは「風景をつくろう」
普段目にしている何気ない風景を写真に切りとり、
そこに短い文章をたして「街歩き日記」を綴る。


00410.jpg



同じ所を歩いていても、目に留まるモノ、心打つモノは人それぞれで
集まったメンバーの「写真」にそれぞれの想いが絡まり
不思議な風景写真となって、見る者に新鮮な感動を与えてくれる。

写真のみならず、ゆるみきった日常を送る私にはイイ刺激をいただいた一日だった。

00408.jpg


さぁ次回は11月13日、土曜日
後藤元洋さんという有名な写真家のワークショップ
「風景の中のポートレート ―撮られる私、撮る私―」

この企画をした学芸員さんの話だと「超おもしろい!」そうで、
まだまだ参加者募集中だそうです。
  • 2009/05/08/Fri 21:53:02
  • COMMENT:0
  • CATEGORY:写真

カメラストラップ

以前から探していたけど、コレ!というものが無くてあきらめていたカメラのストラップ。
4月の最終日曜日に出かけた群馬の森クラフトフェアで出会えました♪

縮_IGP8076

一緒に行った友人と「いいね~」と言いながら選んでいると、他のお客さんもやってきたので
つい「これがお似合いですよ~」なんて薦めてしまいました(^_^;)
とてもかわいらしい作家さんは『ちろりん』というこれまたかわいい工房名で活動しています。
ストラップは一眼用の太めとコンデジ用の細めがあって裏はコーデュロイになっているので
滑りにくく、柄もおしゃれなものが多くて迷っちゃいました。あっヤフオクでも買えるそうです。

縮_IGP8033

9回目を迎える群馬の森クラフトフェア、実は今年初めて行きました!
出展作家さんは全国から集まっていて今回185組も参加されたそうです。
緑の森の中をのんびりと歩きながら、ピピッときたところを重点的に見て回りました。
「前から欲しいと思っていたモノ」「自分の好きな色や形」「他にない個性的なモノ」を見つけたらダーっと駆け寄って作家さんに「いいですねぇ~」と話しかけていました。お財布の都合で手に入れられなかったものもありますが、また必ず会いに行きますね!

縮gunmanomori

プロフィール

cookie2

Author:cookie2
子育ては、もうすぐ卒業。
自分育ては継続中・・・

検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。