スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 2009/08/04/Tue 19:04:41
  • COMMENT:4
  • CATEGORY:旅-金沢

帰路は海を走って。

次ぐ日は金沢駅を拝んでから帰路に着きました。
seki1.jpg

このまま来た道を帰るのもつまらないねという話になり、親不知で高速を降り
海沿いを走ることに。お天気も雨が降ったり陽がさしてみたりだけど、まぁいいや。
(海ナシ県人は海に弱いんです)
miniumi2.jpg


高速道路で一気に移動も急いでいる時は便利だけど、一般道をのんびり走ると
その土地を間近で感じ、新たな発見もあったりして楽しい。

stori1.jpg

当初は上越JCTか長岡JCTで高速に乗ろうと思っていたけど、心強いナビのお陰で
上越市から斜めに山をつき抜け、石打ICから高速に乗ることにしました。

初めて走ったほくほく街道の風景は感動の連続。
言葉を失うほどのすばらしい景色に出会え、ドライブするのが楽しくなる道でした。

minihoku.jpg
写真の腕が追いつかず・・・また近いうちにリベンジドライブします。
スポンサーサイト
  • 2009/08/03/Mon 15:36:08
  • COMMENT:2
  • CATEGORY:旅-金沢

金沢、ひがし茶屋街

ひがし茶屋街は中心の茶屋と周囲にある町屋とでは家の造りが違うそうです。
茶屋は2階がお客さんの部屋となるため軒が低く、
反対に町屋では1階が住まいとしての場になるので軒は高くなっています。


minik7.jpg
茶屋街の特徴的な格子は「木虫籠」と書き「キムスコ」と言います。
外からは見えにくく、中からは良く見える作りになっています。


訪れた日は火曜日で、ほとんどのお店がお休み。
人影もまばらでしたがのんびり歩いて写真を撮るにはちょうど良かったかな・・・
minik8.jpg

昔からのお店や茶屋を利用したカフェやお土産やさん、
そしてもちろん一般のお宅も混在しているひがし茶屋街。
minik11.jpg

街にはゴミひとつ無く、どの家も花や植木が置かれとてもきれいにしています。
住んでいる人たちの街への愛着と丁寧な暮らしぶりを感じられたひと時でした。

minik12.jpg
  • 2009/08/02/Sun 22:00:49
  • COMMENT:0
  • CATEGORY:旅-金沢

金沢、路地裏めぐり

今回の旅では金沢の茶屋街のひとつ、主計町(かずえまち)にある木津屋旅館に泊まりました。
目の前は浅野川、そして歩いて10分程のところにひがし茶屋街があります。

miniyado.jpg

少し早めにチェックイン後、カメラ片手にあたりを散策。
この坂を下りている途中で近くから三味線と小唄が聞こえてきました。
そんな音色があまりにもぴったりな主計町です。

主計町もひがし茶屋街も国の重要伝統的建造物群保存地区ということで、
勝手に改築など出来ず、これらの古い建物を維持していくためには
住民のみなさんの大変なご苦労があるとのことですが、
いつまでもこのすばらしい風景を残して欲しいと願わずにはいられませんでした。
minisaka.jpg

表通りも路地裏もゴミひとつなく、とてもきれい。
路地の主は私のカメラをじっと見つめたまま身じろぎもせず・・・
minirozi.jpg
  • 2009/07/31/Fri 23:54:41
  • COMMENT:4
  • CATEGORY:旅-金沢

金沢ふたり旅

娘が夏季合宿の中、駆け足で金沢へ行ってきました。
夫とふたりのお気楽気まま旅なので兼六園やお城はパスして、
美術館巡りと街並み散策と路地裏徘徊と言う相変わらずのスタイルです。
minik2

朝7時ちょっと前に北関東道路駒形ICから乗車。藤岡JCTを経て上越JCTを抜け北陸道金沢東ICまで。平日のせいか渋滞はまったく無く、途中休憩を入れながらもあっという間の4時間半で目的の近江町市場へ到着。
minik1

キレイになっちゃった近江町市場をささっと回り、まずはここでお刺身定食のお昼。
その後偶然やっていた市場の横にある北国銀行のARTGUMMIで「梅佳代写真展」を見学。
等身大のかわいいじいちゃんさまと写真におさまって来ました。

minik4.jpg

その後は夫お待ちかねの21世紀美術館と石川県立美術館をハシゴ。
夏休みとあって子どもたちも若モンも中高年も旅人もたくさんいましたが、
周りの庭で遊んだりライブラリーで寛いだり、みんなが思い思いのスタイルで
美術館で過ごすことを満喫しているようでした。
私たちも時の経つのを忘れあちこちうろうろしたり、カフェで寛いだりとリラックスできました。

市の中心にあって、まあるい建物の美術館はどこからも自由に出入りでき
誰もが気軽に立ち寄れるような広い間口です。敷居の高い美術館が多い中、
金沢21世紀美術館はいろんな意味で画期的で先駆的な美術館だと思いました。
開設5年目を迎え、市民に開かれた美術館としてその存在はしっかりと金沢の町にとけこんでいました。

minikanazawa.jpg

続く・・・(と思う)
プロフィール

cookie2

Author:cookie2
子育ては、もうすぐ卒業。
自分育ては継続中・・・

検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。