スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失敗は成功の元

10年以上使っていたブレンダーが壊れました。
かぼちゃのポタージュや玉ねぎのみじん切り、スムージーなど家では大活躍の調理家電なので
新しいのをAmazonで買いました。昔に比べたらずっと安い!

r100.jpg


で、お鍋にしようと早速レンコンとエビのすり身団子を作りました。この間男子ごはんで作っていたもの。
例のごとくうろ覚えの材料で、適当に卵なんか入れっちゃったから見事にタネがゆるくなって
団子状態にならない。鍋にいれても淡雪のようにパァ~とばらけてしまいます^_^;
結構いいエビも使ったので、意気消沈・・・結局そのままチルド室に入れて、この日は別メニュー。


rIMG_0129.jpg

で次の日、気を取り直して、とりあえず固めるために?片栗粉を多めに投入し青ジソもきざんで入れてみる。一品は春巻きの皮で包んで揚げてプリプリ感あふれるおつまみに、
もう一品は茹でてつぶしたジャガイモを混ぜ込んで、丸めて揚げた素揚げのコロッケみたいなもの。
正直、両方とも結構っていうかかなりいけました。
主婦のもったいない根性が、見事、実を結んだ一品に変身。大満足~






スポンサーサイト
  • 2009/11/27/Fri 00:11:15
  • COMMENT:4
  • CATEGORY:日々

長瀞にて。

0006.jpg

お蕎麦を食べ、川下りも楽しみ帰りは日帰り温泉に立ち寄った。
秩父鉄道の素朴な駅舎もあった。
撮影のベストポイントはたくさんあったのに、ベストショットが見当たらない。


小さな旅

高速料金は安くならないけど、道路も温泉も混んでいないので出かけるのはもっぱら平日。
子どもが帰ってくるまでに戻れるような近場だけど、車で1時間ちょっと走れば
そこはもういつもの景色とは別世界。

00016.jpg


1


何気ない田園風景や古い建物に心躍らせ、終わりかけていた紅葉を愛で
温泉にゆったり浸かればちょっとした旅気分です。

2


混浴だけど、誰もいなかったのでゆっくりお湯につかり、気持ちいい~を独りじめ。
弱アルカリ泉の優しいお湯は草津の仕上げ湯として有名な沢渡温泉。
一度入浴するとツルツルになるところから「一浴玉の肌」と言われる美人の湯。
肌になじむお湯を存分に浴びてしっとり美人の完成です(^_^;)

3

平日だったこともあり、温泉地では観光客はもちろんほとんど人を見かけませんでした。
すぐ近くの四万温泉は何度も行ったことがあるけれど、こちらは観光地というよりひなびた
湯治場という雰囲気ですね。でもここのお湯はかなり私好みで気に入りました。
再訪必至です。

5

さっそく、作る。

日曜日の男子ごはんの焼きれんこんのマリネを作りました。
夕方、うろ覚えのレシピを思い出しながら作ったけど、なんとかそれなりに・・・。
レンコンもアンチョビもNちゃんママからのいただきもの。あらためてサンキューです。
アンチョビの独特の味と香りがくせになりそな一品でした!
レシピはこちらを参考にしてください。

resize0005.jpg
 ハスだけにハスに撮ってみました(ナンチャッテ)


で、創作意欲が沸いたついでに、ン年ぶりにパスタマシーンで手作りフィトチーネに挑戦。
茹であがりが超アルデンテで、出来栄えはちょっと見ウドンのような・・・(^_^;)
前回、もっと薄くのばすべきだったと反省しているのに、全然学習していませんな。
(っていうかそんなこと忘れてしまうほど時間が経っていた)
とりあえずジェノベーゼを混ぜ込んで作ったのでお味は美味しゅうございました。
出来上がりの写真↑は思いっきりぼかしました~

resize0004.jpg
あれれ、ハスと同じアングルじゃん。。。

野菜ソムリエのいる一品香

最近とんと出不精になってしまった私・・・、久々のランチでした。
母娘共々美味しいものへこだわりが人一倍強い?友人に連れられて行った前橋の一品香
外観は洋風で店内もグリーンを基調としたおしゃれな雰囲気。女性同士でも入りやすい上海料理のお店です。

ippinkou.jpg


安心、安全を第一に考えた地元野菜中心のメニューということで、健康とかヘルシーの言葉にめっぽう弱い世代としては、とてもくすぐられます。13時をとうに過ぎていましたが店内は女性グループでいっぱい。
友人は上海ハイティー飲茶セット(1500円)を、私は一品香小龍包ランチ(1380円)をいただきました。
小龍包はそれぞれ3個ずつついていて、飲茶セットの方はなんとデザート5品盛り!杏仁豆腐もぷるっとやわらかで優しいお味。エビチリや酢豚、生春巻きなどそれぞれのお味ももちろん美味しいけど「ちょこっとずつ、たくさん」のワンプレートに女性は弱いですよね・・・。

syoippin.jpg


料理を待つ間、お店のマネージャーの野菜ソムリエ益田さんが、一品香で使われている野菜や生産農家の方のお話、また高島屋で行われたVegetableGardenの写真などを見せてくださいました。
いつもの見慣れたトマトやナスやかぼちゃ、ズッキーニなどがお花と一緒に籠に盛られおしゃれに変身しています。野菜の美味しさはもちろん、見た目の美しさまで引き出してくれる益田さんの野菜への愛情がひしひしと伝わり、野菜の持つチカラを再認識させてくれました。

tomato.jpg
↑ジュエリーのようなトマトの美しさ。。。
http://www.dan-b.com/ippinko/index.htmより

秋、酒蔵にて

すでに終わってしまいましたが、実は初日にお邪魔しました。
木と鉄と石、器と書と絵に携わるアーティスト11人が「酒」をテーマに制作した展示会でした。

場所も古い煉瓦倉庫の薄暗い空間で、ひんやりとした空気が漂いまさに「酒」というテーマにピッタリ。
思わず飲みたくなるような心地いい雰囲気でした。

sake3.jpg


作家さんたち自らの企画で始まったというこの展示会、それぞれの作品もしっかり味わえる上に、
普段はあまり見られない他の作家さんとのコラボレーションもありで、展示の仕方も面白く
見応えがありました。

resize0002.jpg


中でも、今回見たかった矢部澄翔(やべちょうしょう)さんの書は力強さとしなやかさを併せ持ち
とても印象的でした。随所に飾ってあった矢部さんの書はほかの作家さんの作品とも調和して、
いい雰囲気を醸し出していました。

resize0001.jpg


鉄の鈴木さんの照明(↓右の写真の上部に吊るしてあるぐるぐるのもの)には矢部さんの書かれた漢字が
一文字が入っていて、それが天井に影となって映し出されます。他にも鉄+漆のお皿とか鉄+木とか、
そのコラボレーションは新鮮でそれぞれの魅力も倍増され、見る者を存分に楽しませてくれました。

syosake.jpg
ぜひまた、やってください!





簡単!鮭のムニエルきのこソース

久しぶりに料理ネタ。
今が旬の鮭ときのこを使って簡単だけど、ちょっとおしゃれな一品です。
牛乳とヨーグルトを合わせたソースがミソ。

■作り方
①牛乳とヨーグルトを半カップずつ同量混ぜておく。
②玉ねぎはみじん切りにして色づくまでを炒め、さらに粗みじんのパプリカときのこ類を炒める。
白ワイン(なければお酒)を入れちょっと煮立ったら①のソースをいれさらに少し煮込む。
最後に塩コショウで味付け。
③生鮭を塩コショウして小麦粉をまぶし、バターで両面焼いたら酒をふって軽く蒸し焼きにする。
鮭を盛り付け、ソースをかけ仕上げに細ネギをふる。

※生クリームのソースほど重たくないのでおかずレシピとしておススメです。
私は隠し味で、先日作ったジェノベーゼソースも入れてアクセントにしました。
ご飯にもワインにも合いますよ♪




syoIMG_9867-2.jpg
  • 2009/11/07/Sat 09:39:52
  • COMMENT:0
  • CATEGORY:日々

小さい。。。

ひと月ほど前、発泡酒の飲み比べとかでVISAカード2000円分が当たりました!
今度はせいきょうのお米のキャンペーンでこれが。

syoIMG_9622.jpg

とっても嬉しいんだけど・・・なんていうか・・・
1回だけでいいから宝くじとかもっと大っきいもの、ドーーンと当たりたい!


img_miss.png
↑FC2のキャンペーンは見事にはずれています(^_^;)

桐生から大間々へ

久々に休みが合った仕事仲間と三人で桐生はグスト・デラ・カーサでランチをしてきました。
日頃のウサを晴らすべく?美味しいものを食べながらの言いたい放題は何よりのストレス発散!
1.jpg


ランチの後は、最近デジイチデビューした友人と大間々へ撮影散歩。
かわいいLUMIXでバシバシ写真を撮る彼女。自慢の我が子に愛情をいっぱい注いでいるみたいで
なんだか微笑ましい。そんな姿を見て、最近のわが身をちょっと反省・・・

syoIMG_9636.jpg



桐生から大間々へはすぐ。
我が家からもそう遠くない高津戸峡は私のお気に入り。やっぱ水辺のある所は心落ち着きます。
紅葉にはまだちょっと早いけど、川沿いの遊歩道を歩きながら二人で黙々とシャッターを切りました。
高校時代は写真部だったという彼女は、私が教えて欲しいくらいすでに腕前は私より上です(^_^;)

syoo3.jpg


手前にできた新しい橋はペンキ塗りたてみたいな鮮やかさで、
くすんだ色好きの私にはちょっとまぶしい。


syoo1.jpg



「東の吾妻峡」と言われるだけあって、切り立った岩もなかなかのもんです。

syoo4.jpg


高津戸峡は初めて来たというFちゃん、存分に撮影練習できたかなぁ。。。

もうちょっとしたらまた来よう。。。



松之山温泉で天丼

偶然入ったお店で美味しいものに出会えた時はすごくラッキー。
それが旅先ならその土地のポイントはぐっと上がる。

先月行った松之山温泉でお昼に入った「そばとジャズの店 滝見屋」は、入口からして店主のこだわりを感じさせるお店。一歩お店に入ると、ドーンとすっごく大きいJBLのスピーカーが鎮座している。
壁にはいろんな方が描いたという絵が飾ってあったり、骨董品があったり、店主のこだわりの一文が手書きで書いてあったりして、注文を待つ間店内を見まわして楽しんでいた。

夫はカレー南蛮そば、私は松之山の野菜が10種類以上のった安吾天丼(そば付き)を注文。
カリッと上がった天丼とタレの甘辛さがすごくいい。カレー南蛮そばもちょっと味見。スパイシーで奥深い香りに蕎麦がうまくからんで、思わずつゆを全部飲み干したくなるほどいけた。
matunoyama.jpg


気さくな奥さんと息子さんと地元のことをあれこれおしゃべりして、少しおなかがこなれたところで
やっと目当ての松之山温泉へ。松之山温泉は草津、有馬と並んで日本三大薬湯のひとつに数えられているという薬効成分の高い温泉。日帰り温泉センターの鷹の湯では貸し切り状態でゆったりと湯に浸かった。

sonsen.jpg

太古の昔海だった頃、地殻変動で海水が溜め込められて一気に噴出されたという松之山温泉。
昔は塩も採れたというほどで、塩分が強いお湯は冬でも湯冷めしにくいという。
2008年12月に噴出した新源泉は97.5度という高温。露天の川風に吹かれながら熱めのお湯でさっぱりと疲れを癒し、帰りの運転も軽やかに帰路に着いた。


ディアドクター

ちょっと前のことだけど、久々に映画を見た。
西川美和監督の「ディアドクター」
前作の「ゆれる」で西川監督の凄さに酔わされた私。
今回の「ディアドクター」も相当深い、もう悪酔いしそう・・・

*********************************************************

物語の始まりは、ある村で起こった一人の医師の失踪事件。
村人から親しまれ、神様以上に崇拝されていた医者だったのに、
なぜか、村人たちは彼のことを何ひとつ知らなかった。
そして警察の手によってその嘘が次々と暴かれていく・・・



41x8ohYJO2L__SS500_.jpg

大きな事件が起こるわけではない。だけど西川さんの映画は時間の経過とともに
サスペンス映画のようにハラハラドキドキしてくる。世の中に渦巻く「虚」と「実」。
嘘は悪いこと?そしてそれを暴くのは正義?と次々と問いかけてくる。
表向きと本音のところ、そんな人の曖昧な感情を描くのがとても巧い。
芸達者な役者陣もとてもいい味を出している、、、おススメです。
プロフィール

cookie2

Author:cookie2
子育ては、もうすぐ卒業。
自分育ては継続中・・・

検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。