FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GWは…笠間へ。

GWに益子や笠間で陶器市をやっているのは以前から知っていたけど、
人出がすごいのと交通の便がイマイチだったので今まで一度も出かけたことは無かった。

でも今年は北関東道路も開通したし、東日本大震災後の復興支援ということもあって
初の笠間、陶炎祭(ひまつり)へ出かけてみた。


00762.jpg
↑今回私が買った器



震災の時に作品が壊れてしまったり、窯が全壊したりと
それぞれの事情を抱える中で迎えた節目の30回目(30年目)。

作家さんや主催者たちのいろんな想いの中実現できた今回の陶炎祭は
みんなの熱い思いで満ち、その熱気(元気)は私たちにじゅうぶん伝わってきた。



00761.jpg


200近いブースもディスプレイや展示の仕方が個性的でただ見て回るだけでもすごく面白い。
もちろん1日で回りきるのは到底無理なので、例のごとくピピッときたところで
じっくりと時間をかけて作家さんとおしゃべりしたり写真を撮らせてもらったり…






00760.jpg



音楽などのイベントやこどもたちのワークショップもあり、
作家さん自らカフェや食堂をやっていたりして大人も子どもも1日中楽しめる。
会場になっている笠間芸術の森公園は、芝生や池のスペースなどもあり
日よけタープを張った家族連れもたくさんいた。


00763.jpg


フォルクローレをBGMに梅干しおこわやタイ風焼きそばを食べ、
茨城の農産物や海産物コーナーをひととおり攻めてから会場を後にした。









もちろん笠間の街歩きも忘れず、次は日動美術館へ。
広い美術館の中をゆっくりと散策しながら見学。
躍動感あふれるうさぎちゃんは館林美術館のあのうさぎちゃんと一緒デス



00757.jpg





雨模様の中、美術館から笠間稲荷までぶらぶら。
途中のアンティークショップへ寄ったり、名物のお稲荷さんを買ったり。
お店の名前は忘れちゃったけど、あの胡桃稲荷と蕎麦稲荷の美味しさは忘れられない!



00756.jpg

うちから1時間ちょっとの笠間(VIVA!北関東)
胡桃稲荷、またすぐ買いに行けるネ。

COMMENT

VIVAVIVA 北関東~

笠間まで、1時間ちょいで行けちゃうのね~!
ステッキ~

器、3つともcookieさんらしくて
センスい~♪

笠間焼の豆皿で一目ぼれ購入したのが
あるんだけど
作家名、工房名もわかんなくて・・・

くるみ稲荷食べつつ笠間の工房めぐりも
してみたい~

こんにちは

cookieさんの旅の記事読んでると、そこに行って同じものを見て
同じものを食べたくなります(笑)

高速が開通して距離と時間が短縮されると、日帰り旅行でも今まで
以上の楽しみや可能性が広がりますね。

しかし誰が流行らせたんだVIVA(笑)

笠間へGo~

笠間にはカフェやクラフト系の雑貨屋さんみたいなお店なんかがあって、
クラフト市みたいなのもやってるらしい。

小湊鉄道よりずーっと近いし、
やっぱりあのお稲荷さん、忘れならない…
行くっきゃないね~(^^)v

お疲れさま~

北関東道路は3県人にとってほんと「VIVA~~」って叫びたくなるほど便利な道路です。
道路だけじゃなくて、気持ち的にも「つなガールズ」になりつつある私…
移動距離が縮まったことで、栃木も茨城も以前よりずっと身近に感じます。

今まで行きたくても行けなかった栃木や茨城の街歩きを
どんどん楽しみたいと思います!

合言葉は~~「VIVA!北関東~」

今日、ワークショップでお会いしたmotoです。
なんか・・・
こんな素敵おちゃめな方々に会えて、うれしくって、帰ってきて、さらに杯を重ねております
新鮮かつおのお刺身と、焼酎お湯割り・・・
いつか、温泉ご一緒したいです。

motoさま

ワークショップ、お疲れ様でした~
雨の中の行軍でしたが、どんな状況でも結構楽しんでしまうタチなので
みなさんとおしゃべりしながらの路地裏散策、
充実した時間を過ごせました。ありがとねー♪

motoさんはじめワークショップでの新たな出会いに、感謝です!
いい刺激をいっぱいいただき、これからどんどん盛り上がりそうだね~(夜の部か?)
楽しみにしていまーす(^^)
NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

プロフィール

cookie2

Author:cookie2
子育ては、もうすぐ卒業。
自分育ては継続中・・・

検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。