スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 2011/08/27/Sat 08:38:19
  • COMMENT:2
  • CATEGORY:旅-秋田

2011帰省~その3 角館経由

帰省旅2日目は青森青荷温泉へ向います。

阿部旅館を後にしてうどんで有名な稲庭を通り過ぎまずは横手へ。
お昼にはちょっと早かったけど、せっかくの横手ですからB級グルメで有名な
「横手やきそば」を駅前の食い道楽というお店で食べました。
太目のまっすぐな麺でソース多めの甘め。目玉焼きと福神漬けが「横手やきそば」の特徴で
ボリュームもたっぷり、満腹~

旅先では地元スーパー巡りを必須としている私。
この二手古サイダーは近所のスーパーで買ったもの。

00902.jpg

たかが焼きそば、されど焼きそば…
大差は無いようだけど、綿の太さやソースの味にその土地らしさを発揮するんでしょうか。
夫の実家の「黒石つゆ焼きそば」も有名ですが、まだ食べたことはありません。
「つゆ焼きそば」じゃないフツーの「黒石焼きそば」は昔から食べているけど
私好み!美味しいですよ。




さて、お昼の後は横手を抜け角館へ、そこから盛岡ICを目指します。
しだれ桜の頃は、この道は歩行者天国になり肩をすり合わせるほどの人波になるそうです。

00903.jpg





昔、家族で来た時のことなど思い出しながら武家屋敷の町並みをぶらぶら。
地元の「イタヤ細工」や「樺細工」を展示していたお宅をみつけたので見学。


00904.jpg

長く厳しい冬の暮らしの中から生まれた民芸品の数々。
その緻密で気の遠くなりそうな手仕事の美しさに心を奪われます。

今回は行く先々で、あけびやぶどうの蔓籠、曲げわっぱ、
漆塗りなどの地元の木工品に触れる機会がたくさんありました。
その丁寧な手仕事ぶりに、作り手たちの木への深い愛情を感じます。

00905.jpg
実用的でシンプルなデザインでありながら、ほかにふたつとない手作りのあったかさ。
地元の民芸品にはそこで暮らす人たちのぬくもりがほっこりと伝わってきます。
「手作り」「一品もの」のすばらしさをあらためて実感した旅になりました。

COMMENT

民芸品、いいですね~。
すこしづつ集めて、日々の暮らしの中で大事に使いたいです

motoちゃんへ

こんにちは~
地元の民芸品て、その土地の特色や工夫がちりばめられていて「すごい技」だよね。
その技が途絶えることの無いよう、自分のできる範囲で応援していきたいね。
森林資源が豊富な日本を守っていこうねっ!!
NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

プロフィール

cookie2

Author:cookie2
子育ては、もうすぐ卒業。
自分育ては継続中・・・

検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。